明智光秀の書が見つかったということで、本能寺の変の起きた理由が明らかになるのか

岐阜県の図書館に寄贈されたものの中に、明智光秀の書と思われるものが発見されたというニュースが、ヤフーに入りました。歴史が得意な私にとっては、興味深い内容ですが、記事によると、織田信長に追放された足利義昭は、明智光秀と通じ、織田信長打倒を考えていたということの様ですが、元来、明智光秀は、織田信長と足利義昭との仲を取り持って、双方の家臣だったとされており、また長宗我部元親とも通じていたので、織田信長打倒後は、足利義昭を京都に戻らせて、室町幕府再興を図ったのではないかと考えられるとあり、私としては、もし、その書が本物であれば、明智光秀が本能寺の変を起こしたのは、こういった計画があったからではないかというのも頷けるように思いました。未だ謎の多い、本能寺の変ですが、結局得をしたのは、豊臣秀吉であったことでありましたが、明智光秀についても色々な説が流されているのも奇妙な気がします。しかし、こういった書が見つかるというのは、また一つ歴史の謎が解ける切っ掛けにもなると考えられますし、今後の研究の結果を待ちたいと思います。即日融資 キャッシング おすすめ