記録づくめだった今年の甲子園大会 来年の100回記念大会にも期待します!

今年の高校野球の甲子園大会は記録づくめの大会でした。
広陵高校の中村奨成選手が1大会個人本塁打6、個人最多塁打39、個人1大会最多打点17と歴代の記録を塗り替えまくる大活躍をした大会でした。
また春の選抜の覇者大阪桐蔭高校が信じられないような敗戦を喫したり、強豪が揃う激戦区でありながらなぜか全国制覇の経験がなかった埼玉県勢である花咲徳栄高校が優勝を遂げるなどの話題も十分に提供してくれました。
中村奨成選手のいる広島の広陵高校も決勝戦までは来ましたが悲願の全国大会初優勝とは成らずにまたしても準優勝になってしまいました。
来年度は100回記念大会が開催されるので参加校数も増えて今年以上の熱戦が期待されます。
大阪、神奈川、埼玉、千葉、愛知、兵庫、福岡などの都道府県からは従来の1校から2校が出場するということで否が応でも期待が高まりますね。
来年は是非とも今まで長年高校野球ソングのカリスマであり続けた西浦達雄さんの歌も聞けると嬉しいです。エピレ 脱毛500円