自作スポンジ甘味のキメとふっくら外観

昔からスポンジスイーツはオリジナルをして焼いていらっしゃる。手間がかかるように見えますが、実は条件さえ計れば、簡単です。玉子の白身のメレンゲ内容もハンドミキサーがあればアッという間にできてしまいます。ベーキングパウダーがなくても、白身のメレンゲのおかげでスポンジのように十分に膨らみます。ふわふわ焼けたスポンジスイーツに生クリームとイチゴでデコをして、引き取り手も喜んで食べて頂ける。
確かにオリジナルスイーツは美味しいのです。条件もシンプルに玉子、バター、砂糖、小麦粉のみだ。しかし、かりにふわりときめの細いメレンゲを作ってスイーツにしても、スイーツ屋君のようなキメのこまかいふわっとしたスポンジにはならないのです。なぜだろう、おんなじ条件のはずなのに、あのキメは何と絶えず不思議に思っていました。スイーツ屋君のようなキメの細かいスポンジスイーツには、スポンジスイーツ仕様起泡剤というのが使用されているというのです。これを使用すると、あの手厚いフワフワした口どけのスポンジになるそうです。なるほど、玉子をメレンゲにするだけではあぁはならないことが美しく分かりました。でも、一般家庭では使用することもないので、なるべくキメの細かさがお職場のスイーツのように生まれ変われるみたい、身辺メレンゲ内容を試していきたいだ。ニキビ跡 保湿